生姜・栗・落花生…

生姜・栗・落花生…

お米の風味が生きたおせんべいが好きな私は、小麦粉で作られたおせんべいを買うことはほとんどありません。でもお店に昔なつかしい鶏卵せんべいが並んでいるのを見て、思わず手にとってしまいました(^^ゞ

親は鶏卵せんべいも好きなのでプレゼントしたところ、美味しい美味しいと言って食べてくれて、あげた私は嬉しい嬉しい♪

それで今、草加葵のおせんべいを親に買ってあげようかと考え中です。でも種類がたくさんあって、すごく迷う…。豊富な種類の中から、私が選ぶ確率の高い順に並べてみました。

<草加葵 「これを選ぶか?」ランキング>

1位:生姜せんべい

2位:栗せんべい

3位:駿府太鼓

4位:カステラせんべい

5位:フライビンズ

ごくたまにですが「生姜せんべい」は自分が食べたくて買うことがあります(^^)生姜せんべいにも、生姜がピリッと効いているものもあれば、ただ甘いだけで生姜は弱いものも…。私は甘すぎず、生姜の風味が生きている方が好きです。これなら私も親と一緒に楽しめそうかなと思っています。自分が食べたいという意味でもトップです(笑)

草加葵の生姜せんべいは、丁寧にすって絞った古根生姜の絞り汁が使われているみたいです。他で作られている生姜せんべいとは、一味違う風味を期待してしまいます♪

見た目が栗に似ているから「栗せんべい」かと思いきや、本当に栗あんが使われているんですって!ほっくりとした食感を優しい甘味で上品なも桃山。それがせんべいになるとどうなるか気になります(^^)

「駿府太鼓」では、クッキー生地に落花生が入れられているようです。おせんべいなのにクッキー生地って不思議。洋風せんべいというだけあり、あまりおせんべいを食べない若者にも好まれそうですね。

ふんわりしっとり美味しいカステラ。その生地をせんべいのように焼き上げたら、一体どうなるの!?「カステラせんべい」の軽い歯ごたえ、一度試してみなければ。

昔からあるけれど、最近そのカロリーの高さに驚かされた「フライビンズ」よく考えればフライされたビンズが入っているのだから、他のおせんべいよりカロリーが高めなのは当たり前なんですよね。この香ばしさは、お父さんが好きそうです(^^)そして食べ過ぎてしまいそうです…。

鬱陶しいひげの処理

実に忙しく毎日が過ぎて行くこのごろです。どれくらい忙しいかというと、ひげも剃れない位です。現場仕事なのでひげがボーボーでもかまわないのは幸いです。

ひげを剃ろうと思えば、剃る時間はあるんですけどね、もう億劫で仕方ないんですよ。仕事から帰ってきて、シャワーを浴びながらカミソリでちょいちょいと処理すればすむことです。でも、その労力さえ面倒に感じてしまうのです。

時には体を洗うのも面倒で、適当に石鹸を全身に塗りたくってシャワーで流すだけという雑な時もあります。シャワー自体も億劫なんですが、さすがに1日の汗は流さないと気持ち悪くて眠れません。

「朝にひげを剃ろう」そう思っても、また億劫です。朝起きたら、朝食も食べず、洗顔もせず、作業着に着替えてクルマに乗り込み、出勤します。電車通勤であれば、人目にさらされるのである程度見た目を気にする必要があるのですが、クルマ通勤だと誰からも見られません。なので、汚い顔でも特に気にしなくてすみます(笑)

会社に着いたら控え室でようやく朝食と洗顔です。そのときにまた、ひげを剃るチャンスはあるのですが、始業までの間、同僚と雑談をしていると、ひげはいいかとなってしまいます。

こんな感じで1日は過ぎて行きます。結局ひげを剃るのはいつも日曜日だけです。それまで1週間は、生えっぱなしの伸ばしっぱなしです。

この際、ひげを蓄えてみたらどうかとも考えたのですが、どうもチクチクしてひげが好きにはなれません。特に、頭を下に傾けた時、顎下の無精ひげが首に触れるのが気持ち悪くて嫌です。

ある程度延ばせばチクチク感は無くなって、ふわっとなるんでしょうが、長すぎると、今度は暑苦しそうでかないません。ひげを生やすのは、性に合わなさそうです。

では、思い切って脱毛してみたらどうかということで、以前毛抜きで挑戦してみたのですが、1本1本抜くのは大いに時間がかかって耐えられませんでした。鼻下のひげなんかはものすごく痛いですし。

ひげ嫌いの男にとって、ひげの処理は本当に厄介です。わたしの知り合いには、ひげが産毛のように薄くて柔らかい人や、ほとんど生えないという人が何人かいます。非常に羨ましいです。これはホルモンの関係なんでしょうかね?